誘いに使えるYES話法

YES話法とは相手に3回ほど質問に連続して「はい」と返事をさせることによって、 相手の心が受け入れやすい状態になり、次に不確かなことを言っても「はい」と 返事をする話法です。連続してYESと受け答えていると、 相手には「次もYESと感じるだろう」という心理の働きを利用したものです。 このYES話法は営業などでよく使われています。 3月末をイメージして次の会話例をみてください。

A「今日はいい天気だね」
B「うん」
A「そういえば、明日からもう4月だね」
B「そうだね」
A「そろそろ桜が満開になってきてるね」
B「そうだね」

この後に不確かなことを言ってみます。

A「桜は週末くらいまでが見頃らしいね」
B「らしいね」
A「じゃあ週末、桜を一緒に見に行かない?」

必ずしもこのように上手くいくとは限りませんが、 Bの人が受け入れやすい状態になっています。 相手が受け入れやすくなると、特に断る理由がなければ誘いに応じやすくなります。

YES話法のコツ

  • 1.相手がNOというような否定的な要素を入れない
  • 2.YESかNOかわからないような質問は控える
  • 3.嫌い、変などの否定表現を含まない
  • 4.気分が明るくなるような内容の質問をする
  • 5.3~5回くらいのYESと答える質問をする